2019年04月20日

帯広市 北海道ホテル

今日は、NHKの朝ドラで今放送されている「なつぞら」の舞台となっている十勝へ行ってきました。

JRを利用して行ったのですが、JR東日本のインターネット予約サイト「えきねっと」でJR北海道の特急の予約もできるようになっており、お先にトクだ値で札幌⇔帯広間が半額で乗ることができました。

スーパーとかち3号

スーパーとかち3号で帯広に到着しました。列車にも「なつぞら」の宣伝写真が貼り付けられていました。

帯広駅

帯広は曇っていましたが時折日差しが出たりもしていました。到着は13:10、まずは昼食ということで帯広と言えば豚丼ですね、帯広で一番有名な豚丼屋さんに行きました。駅からすぐなので便利です。

ぱんちょう

温泉に行くために帯広に来たのですが、今日行こうと思っている北海道ホテルの日帰り入浴は15:00から開始なのでまだ時間があります。六花亭本店に行ってみました。

六花亭本店

当然、六花亭は札幌にもあります。自分の家の近くにもあります。でもやはり本店ですからね。コーヒーは無料で飲めるのでちょっとお菓子を買ってコーヒーを飲みながら食べてきました。

さて、そろそろ日帰り入浴ができる時間ですので、北海道ホテルへ向かいました。

北海道ホテル

北海道ホテルは帯広駅から徒歩15分くらいです。少し離れています。
日帰り入浴は1000円でした。フェイスタオル、バスタオル付です。
浴室は1階でフロントのすぐ横にありました。

浴室は思ったよりも小さかったです。内湯は、主浴槽、ジャグジー、寝湯、サウナ、水風呂で、露天風呂が1つありました。
泉質は、アルカリ性単純温泉、茶褐色のモール泉です。溶存物質(ガス成分を除く)は、635 mg/kgです。PH8.78のアルカリ性の湯は肌がつるつるになる美人の湯です。北海道はまだ外は寒いので露天風呂の外は寒いのですが湯から上がって冷やすにはちょうど良いです。冷やして入ってを繰り返して長湯を楽しみました。温泉濃度が薄いので長湯しても大丈夫です。

帯広は駅から徒歩圏内で、温泉銭湯や温泉のあるホテルがいくつかあります。レンタカーを借りてちょっと足を延ばすともっといろんな温泉や観光を楽しむことができるのですが、明日は所用があるため今回は日帰りです。

夜のスーパーとかちで帰るので、その前に夕食です。インディアンというカレー屋さんに行きました。帯広のソウルフードだそうです。

インディアン

初めて食べましたが、普通のルーカレーでした。値段は安くて助かりました。

スーパーとかち10号で帰ってきました。今度は宿泊で行きたいです。

スーパーとかち10号

北海道ホテル:https://www.hokkaidohotel.co.jp/



posted by トビサン at 23:58| Comment(0) | 温泉日記

2019年04月14日

豊平峡温泉

今日は、札幌市南区にある豊平峡温泉に行ってきました。

豊平峡温泉

豊平峡温泉は、定山渓温泉のすぐ近くにあります。住所は定山渓になっています。

入浴料は1000円でした。少し高いですが温泉は極上なので仕方ありません。

脱衣所は2階になります。脱衣所は改装されていました。以前は貴重品ロッカーが脱衣所の外にあり、脱衣所では籠が置いてあり、そこに脱いだ服を入れていました。今はすべて100円コイン式のロッカーになっており籠はありませんでした。

浴室ですがたいへん趣のある浴室で、壁や天井は木が作られており浴槽は石で作られています。関東などではこのような浴室はけっこうあると思いますが北海道では珍しいのではないかと思います。

浴槽の構成は男湯と女湯で違っていいます。どういう周期か分かりませんが男女入れ替わっています。浴室は温泉成分によって千枚田のようになっていて床がデコボコしています。それによって洗い場が斜めになっていて座りにくいです。

泉質はナトリウム ― 炭酸水素塩・塩化物泉です。溶存物質(ガス成分を除く)は、2165 mg/kgです。ここは源泉かけ流しで循環させていません。そのため数値以上に濃く感じます。露天風呂が広くてゆったりできます。また浴室出入口の横に飲泉できる蛇口があります。おいしい温泉でした。

今日は食事はしませんでしたが、ここは本格的なカレーが食べらるレストランがあります。次回は食べたいと思います。

豊平峡温泉:http://www.hoheikyo.co.jp/

posted by トビサン at 23:45| Comment(0) | 温泉日記

2019年04月11日

落合洋司弁護士 公認取り消し

先週のニュースで、落合洋司弁護士が今年夏の参議院議員選挙で立憲民主党の比例代表の公認候補になることを決めていたが、ツイッターでヘイトスピーチを行っていたことが明るみになり公認を取り消されたということでした。

実は恥ずかしながら自分は詐欺事件に巻き込まれ、その事件の被害者の会に参加し集団訴訟に参加しました。そのときに依頼した弁護士が落合洋司氏です。

落合洋司弁護士はこの弁護を受任したにも関わらず1年以上放置し、やっと訴状を作成したかと思えばその内容を依頼者に確認せずに裁判所に提出しまったのです。しかもその内容に間違いが見つかり修正せざるおえなくなりました。

そうしてなんとか裁判は始まりましたが、なんと裁判中に時効が成立してしまい敗訴しました。

時効が近づいていることは落合洋司弁護士も当然知っていました。なのに放置一年以上。依頼者たちは激怒、落合洋司弁護士の所属する東京弁護士会に懲戒請求を出しています。 が、もう一年以上経ちますが何も起こっていません。

被害者の会もけっこうな人数いますので、着手金1000万円以上は手にしているはずです。着手金詐欺ですよ。こんなの。ちっ(怒った顔)

こんな弁護士が政治家になっていたらと思うとゾッとします。弁護士として最低弁護士です。元検事ということもあり、よくテレビでコメントなどしているのを見ると腹が立ちます。偉そうにちっ(怒った顔)

問題となった落合洋司弁護士のツイッターの一部です。

グラフィックス1.png
posted by トビサン at 23:03| Comment(0) | 日記