2018年10月08日

ニセコ湯本温泉 交流促進センター雪秩父

昨日台風25号が通過していき、今日は凄く天気が良く行楽日和になりました。今日はニセコ湯本温泉、交流促進センター雪秩父に行ってきました。ニセコ温泉郷はとても広くていろんな温泉がありとても好きな地域です。雪秩父は住所は蘭越町になります。

雪秩父に近づくと硫化水素の匂いがしてくるのですが、雪秩父のすぐ横にある大湯沼がその元になっています。

大湯沼

雪秩父

ここは日帰り温泉施設で宿泊はできません。入浴料は700円でした。温泉ですが泉質は単純硫黄泉(硫化水素型)です。溶存物質(ガス成分を除く)は157mg/kgと温泉成分の総計はかなり少ないです。しかしながら遊離硫化水素9.3mg/kg、チオ硫酸イオン8.0mg/kgと硫黄成分が多い温泉です。あと療養泉の基準は満たしていませんが、遊離二酸化炭素が300.2mg/kgとなっています。ここの硫黄泉は他とちょっと違っていて、白濁ではなく灰濁です。灰色で薄い泥のような感じの湯です。

雪秩父にはまだ温泉好きになる前から来ています。この施設は3年前に改装されて再開されたのですが、改装前には鉄泉もありました。露天風呂も今より数が多かったです。建物は綺麗になりましたが、以前の雪秩父を知っているとちょっと寂しい感じがします。下の写真は改装前で5年前に撮った雪秩父です。当時は国民宿舎雪秩父でした。

雪秩父

帰りの国道230号線が大渋滞でした。中山峠の頂上から定山渓温泉まで18kmの渋滞でした。昨日の台風で外出を控えた人が今日の行楽日和で一斉に出かけたためでしょうか。北海道でこんな渋滞は珍しいです。


posted by トビサン at 23:56| Comment(0) | 温泉日記

2018年09月30日

北広島温泉 楓楓

北海道にも台風24号が近づいています。北海道胆振東部地震の影響が大きかったのであまり報道されていませんが、その前日に来た台風21号でも被害がありました。この台風、北海道に上陸してもかなりの勢力がありました。台風24号もかなり強い勢力だと報道されているので気になります。ただ進路を見ると札幌市は直撃はされないのかなという感じもします。

今日は北広島温泉 楓楓(ふうふう)に行ってきました。北広島クラッセホテルに併設されている温泉施設です。

楓楓

日帰り利用での入浴料は700円です。土日祝限定でランチバイキングをやっていてランチと入浴のセットで2000円です。今日はランチと入浴のセットにしました。ホテルの最上階のレストランでランチをやっていました。下の写真はバイキングの様子です。

北広島クラッセホテルレストラン

ランチのみの利用だと1600円です。関東と比べると格安ですが品数は少なめでした。

温泉ですが、泉質はナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉です。茶褐色の所謂モール泉です。モール泉は温泉濃度は少なくなる傾向がありますが、ここの湯は溶存物質(ガス成分を除く)は1472mg/kgと温泉の基準を満たしています。内湯は高温浴槽(41℃)と低温浴槽(38℃)がありました。あと、露天風呂とサウナがありました。低温の浴槽があると長湯ができるので嬉しいです。お客さんは結構多かったです。気持ちの良いモール泉でリフレッシュできました。

posted by トビサン at 20:56| Comment(0) | 温泉日記

2018年09月24日

登別温泉 夢元さぎり湯

今日は登別温泉に行きました。札幌からは高速利用で1時間ちょっとで行けます。車(RV)登別温泉は北海道を代表する温泉地です。大きなホテルが多くたくさんの観光客がやってきます。

久しぶりの登別温泉でした。湯に浸かる前に少し周辺を観光しました。まずは大湯沼です。

大湯沼

そして地獄谷、あちこちから湯けむりが上がっていました。

地獄谷

次は源泉公園、ここには間欠泉があります。物凄い轟音をたてて噴出していました。

源泉公園

そして温泉に行きました。いい気分(温泉) 登別温泉で唯一の日帰り温泉施設、夢元さぎり湯に行きました。温泉銭湯なので入浴料金は銭湯価格の420円でした。

さぎり湯

さぎり湯は2種類の湯がありますが、入った感じではその違いはよく分かりませんでした。一号乙泉というのが登別温泉では最も湯量のある地獄谷源泉の湯です。目の湯というのがあってこれが、さぎり湯にしかない湯だとのことです。目の湯の泉質は、酸性・含硫黄―ナトリウム・アルミニウム硫酸塩塩化物泉(硫化水素型)です。硫化水素イオンが140.2mg/kgと凄い量です。一号乙泉も似たような泉質だったのでメモしてきませんでした。やはり硫黄の湯は最高ですね。exclamation

ただ、ここは露天風呂がありませんでした。それと浴室内の換気が悪く熱気がこもっていて熱くてあまり長く湯を楽しめませんでした。この価格で最高の硫黄泉を楽しめたのは良かったです。

夢元さぎり湯: http://sagiriyu-noboribetsu.com/index.html
posted by トビサン at 23:11| Comment(0) | 温泉日記